FXスカルプシャンプーの品格

人気記事ランキング

ホーム > スカルプシャンプー > ヘアカラーは流して大丈夫!?

ヘアカラーは流して大丈夫!?

市販のヘアカラー剤を買って、自分で染める人が多くなりましたが、一方で痒みやかぶれなど、頭皮のトラブルをよく耳にします。

 

その原因の一つとして、カラー剤が落ちきれずに頭皮に残っていることがあげられます。シャンプーを2度洗いをしてすすぎも時間をかけてしっかりやってるのに、地肌が痒くなったりかぶれたりする。実はカラー剤を落とすには、シャンプー液をつける前のある作業が大事なのです。

 

美容院で染めた経験のある人は覚えがあると思いますが、サロンでは「乳化」という作業を施します。

この場合の乳化とは、髪に塗布したカラー剤に少量のぬるま湯をかけクリーム状にしたのち、軽くマッサージをしながら全体になじませることを言います。

 

これをすることにより、頭皮についた汚れや、毛穴に入り込んだ染料(カラー剤)が除去され、落としやすくなるのてす。他にも、頭皮全体の染まりムラをなくすためにも効果的です。

 

最初からシャンプーを使うと頭皮についた染料が落ちにくくなってしまうため、その前に行うのがポイントです。(額の生え際など、見えるところで試してみるとよく分かると思います)

 

マッサージは強くこする必要はなく、クレンジングでメイクを落とす程度の力加減で大丈夫です。この作業を、水分を加えながら何度かくり返したのち、充分にカラー剤をすすいでシャンプーに入ります。

 

地肌につけないで染めるという人も、気付かず付着してる場合もあるので、やっておいて損はないと思います。

 

ヘアカラーを長いことしているとやはり髪の毛にはよくありません。髪がぼろぼろになったり、抜けやすく切れやすくなってしまいます。特に男性の場合は、薄毛になりやすくなります。男性で薄毛になってしまったらプロペシアがおすすめです。AGAクリニックなどでもらうことがおすすめですが値段が高いです。そこでお得にプロペシアを通販する方法は個人輸入を代行する方法です。インターネット時代のいま手軽に行えるので人気の方法みたいですよ。