FXスカルプシャンプーの品格

人気記事ランキング

ホーム > > 用途について説明する

用途について説明する

各金融機関のインターネットサイトを見ますとカードローンの契約条項には
利用者は20歳以上であること、安定かつ継続した収入があること、保証人は
不要で保証会社の保証を受けること、借入金の用途は原則自由であること、
あるいは事業資金以外であれば用途は自由としています。
住宅ローンやマイカーローンのような目的型のローンなどの商品もありますが
金利はやや高めに設定されていますがカードローンは用途が原則自由となっています。 これは金融機関の営業戦略の一環と考えられ借入金の用途は自由としているのではないでしょうか。
いったんカードローン契約が完了すれば、借入金の用途は原則自由のため 生活資金に充当したり、結婚費用に充当したり、自動車購入費用に充当したり 住宅のリフォームに充当するなど自由に設定できることになります。
こうしたところがカードローンの魅力となっており、若者にも人気の商品となっている所以ではないでしょうか。
また、最近ではインターネットから来店不要で申し込むことが可能なので忙しい人にも利用しやすくなっています。
詳細は→専業主婦無職キャッシングに詳しく紹介中です。